ジメチルサルファイド

口臭の主な原因は細菌

口の中の細菌がVolatile Sulfer Compounds.(揮発性硫黄化合物)というガスを作り出し、これが口臭の原因になっていて、硫化水素(H2S)、メチルメルカプタン(CH3SH)、ジメチルサルファイド((CH3)2S)の3つが口臭に関係していて、不快なにおいの原因となる物質として有名で腸内のガスにも含まれています。

 

 

朝起きたときの口臭は、寝ている間に口の中をきれいにする機能が低くなって、臭いの原因の細菌が増えるためで、起きてすぐは口腔内に分泌される分泌液が少ないため、細菌が一日のうちで一番多くなっています。

 

 

これは、病気ではなく「生理的口臭」と呼ばれるもので、健康な人でも発生する口臭です。

 

 

また、お腹がすいているときも口臭は発生しやすく、これは口腔内に分泌される分泌液が少なくなっているためで、食事をしているときの方が、分泌液が多くでるため口の中はきれいでいつもより口臭はしません。

 

 

アルファネットから発売されている「ソーソーロ」はお茶のエキスを使用していて、お茶はその成分があまりにデリケートでエキス化は至難とされてきましたが、研究を重ねアルファネットが製品化に成功しました。

 

 

このソーソーロは歯みがきでは落としきれない細かい汚れが、なんとかたまりとなって現れ、後に残る爽快感はやみつきになります。

 

>>アルファネット通販ショップ入口はコチラ<<