口の中 細菌

口臭がでる原因について

口臭が発生する一番の原因は「口の中が不潔であること」で、口の中にいる細菌が作り出すガスが臭いのもとになっていて、歯の疾患である虫歯や歯周病が原因になっている可能性が大きいので、いつも口の中を清潔にしておくことが重要で、口臭のきつい人とそうでない人がいるかというと口の中の細菌の数が多いほうが口臭はきついそうですが、はっきりとしたことはわかっていません。

 

 

口臭の種類には、何もしなくても歯ぐきから血や膿が出たり、ひどい口臭が発生したり、歯がグラグラしてくる病気や耳、鼻、のどの病気、呼吸を行う器官の病気など、病気が原因で起きるものがほとんどです。

 

 

しかし、虫歯や歯周病などの口の中の病気や、糖尿病などの全身的な疾患が原因で起こる口臭ではなく、大唾液腺と、無数の小唾液腺から分泌される体液が少なくなることが原因でおこる口臭があり、それを「生理的口臭」と呼んでいて、寝起きの口臭や空腹時の口臭、緊張やストレスから来る口臭などがあります。

 

 

アルファネットから発売されている「セラブレス」は、起床時や寝る前にボトルのキャップ一杯分、約7mgでうがいをするだけで口臭を予防できる商品で、口の中に負担をかけず、刺激も強すぎないことから世界113ヶ国で愛用されているそうです。

 

>>アルファネット通販ショップ入口はコチラ<<